天神さまのほそみち2011/06/08 23:39

天神さままいりをうつした
いろあせたいちまいの写真のなかから
じっとこちらをみつめる
ひとりのこども。
かれはやがて
このおれになるのかもしれないが
おれにはならないのかもしれない。


ちかごろよくおもいだす
こどものころのこと。
ますだせんせいの
おこったまっかなかお
タアくんの
くちびるをかみしめて
なみだをこらえてるかお
ミッチの
こばなをひくつかせる
ふくれっつら
サトくんのおどけたえがお。
とおくのグランドのさざめきが
しおさいのようにきこえてくる
ひっそりとしずまりかえったごごの
ろうかをいちじんのかぜがふきぬけてゆく
まんかいのこうていのさくら
おちばするポプラのなみき。


きおくのこみちをすみずみまでたどりかえし
どれほどまぢかにけしきをよみがえらせても
あの日とは
やっぱりなにかがちがう
いや、すべてがちがう…
そりゃそうだ、
おれ、もうこどもじゃないもんな…
こどもはからだもたましいも
いつだってすりきずだらけ
あきのかぜが
ひりひりとひざっこぞうにしみたっけ。
ひりひりとせかいはうつくしく
ひりひりとせかいはざんこくで
ひりひりとかなしく
いとおしく
こどくだった。
きずをさすりながら、わらった
きずをなめながら、ないた。
それが、あるとき
まるで魔法からさめたように
きづけばふうけいは一変していた。
まいにちのようにたんけんした森のみちは
案内看板のうえでいっぽんの線になった。


天神さまのほそみちは
こどもからおとなへの一方通行
かえりのないみち。
写真のなかからこちらをみつめる
このこどもが
たとえおれだとしても
ふたりがふたたびまじわるみちはない。
だからこそ
これほどまでに
あの日々がまぶしいのだ。

コメント

_ ManSteflat ― 2011/06/11 02:54

そう、こどもって、いつも、ひりひりしているものかもしれません。
どきどきもある。
ひりひりがだんだん薄れてきて、平気になって、おとなになるんでしょうか。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://anomanokarisu.asablo.jp/blog/2011/06/08/5903167/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。